2017年2月4日土曜日

自己肯定感を高める手法

心理療法士の加藤絢子です。

今回は、「自己肯定感を高める手法」についてお話しをしますね。




自己肯定感が低いと、様々な問題が起きてしまい、生きづらいということをこれまでのブログでお話ししてきました。



では、どのようにすれば自己肯定感を高められるのか?



今回お伝えしたいのは、

「他人をリスペクトしてみる」という手法です!




リスペクトとは、「尊敬」と訳されがちです。

手法として使う「リスペクト」は、
「尊敬=誰かと比べて秀でている人を敬う気持ち」とは少し意味合いが違います。



心理療法の手法としての「リスペクト」とは、

「ありのままの相手に敬意を持つ、尊重する」という感じが表現としては一番近いかもしれません。



自己肯定感を高めようと思うと、どうしても

「自分の好きなところを見つけよう」
「もっと自分の感覚に正直になろう」

など、「自分」を中心としたアプローチになりがちです。


しかし、そうしたアプローチが上手くいくことはあまりないでしょう。


自分の中の、ある部分だけを取り出して、「好き」と考えても、自分という存在への敬意や尊重にはつながらないからです。



ですからあえて、

「他人をリスペクトすること」を自己肯定感を高めるカギにしています。





カギ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

他人をリスペクトできれば、自分のこともリスペクトできる

つまり、「自己肯定感が高まる!!」


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



例1
斬新な企画力と粘り強い交渉力でヒット商品を作った上司を尊敬している。


優れた人格や優れた業績を持つ人に対して、尊敬の念を抱き、できることなら自分もああなりたいけれども無理だろうな、などと思ったりするのは、多くの人に馴染みがある感覚だと思います。


実は、このような感覚は、同じ「リスペクト」の訳語であっても、ここで私がお話しするリスペクトとは対極にあるものです。


優れているから尊敬する、という考え方では、自分から見た時にとても優れているとは思えない、あるいは社会的に「優れている」という評価を得ていない人に対して、尊敬の念を抱くのは難しいでしょう。


無理矢理、長所を見つけ出して「尊敬しています」と言っても、虚しいものですし、不誠実です。



このように、「優れている」という条件のもとに「尊敬している」という感覚を持つものを、「条件付きのリスペクト」と呼びます。



ポイント
「◯◯だから尊敬」は条件付きのリスペクト!!








無条件のリスペクト


一方、「◯◯が優れているから」という条件なしに、まさに無条件で、その人の存在に対して感じることができる「リスペクト」がありあます。

これは、日本語で言えば、「尊敬」「敬意」ということになると思います。


この世の中では、それぞれの人が、いろいろな事情を抱えて生きています。

生まれ持った性質、体質、能力も違えば、育てられた環境も違い、周囲にいた人たちも違い、経験してきたことも違うでしょう。

そうした事情の中、それぞれができるだけのことをして生きています。

もちろん、「できるだけのことをしている」ようには見えない人もいるかもしれません。


例2
努力しないのに、偉そうなことばかり言う上司を見下してしまう。


実際に、このような上司を「尊敬」するのは難しいでしょう。

しかし、その人が努力しない(ように見える)のは、生れつき集中しにくい性質なのかもしれませんし、虐待やいじめの結果として集中しにくくなっているのかもしれません。

※集中困難は、トラウマやうつ病の症状の1つです。


あるいは、過去に努力したことが報われず、その心の傷が癒えてないのかもしれません。


何の理由もなく努力しない(ように見える)人などはおらず、よくよく聴いてみると、努力できない(ように見える)理由があるのです。


また、それなのに偉そうなことばかり言う、というのにも理由があるはずです。


あまりにも自己肯定感が低いために、一生懸命自己を正当化して虚勢を張っていないと社会的に自分を保てないのかもしれません。

下手に出たら人から侮られる、と思っているのかもしれません。


いずれも、持って生まれた性質や、ここまでに体験してきたことの影響を受けて、今があるのです。


そうした事情を知ると、「いろいろと大変なことがあるのに、その人なりの試行錯誤をしながら頑張って生きているのだな」という感覚を得ることができるかもしれません。



これが、無条件のリスペクトです!!







その人が何かに優れていなくても、頑張って生きている、ということに敬意を感じることができる。




敬意とまではいかなくても、その存在を「努力しない人間には意味がない」と切り捨てることなどせず、「かけがえのない存在」として尊重できる。


あるいは、傷付きながらも、不器用であっても、その人が生きていることに愛おしさを感じられる。


そういった感覚です。



そうは言っても、関わる人の事情を全て知ることなど不可能です。
それぞれの事情は、本人にしか分からないわけですから。

しかし、

「事情があってのことなのだ」と思うことは、誰に対しても可能です。




つまり、無条件のリスペクトとは、「◯◯だから」とか「◯◯した人は」などと条件をつけずに、ありのままを無条件に受け入れる、ということ。







「おかしいのではないか」
「こうしたらよいのではないか」

などと、評価を下したり、相手を変えようとしたりすることなく、

「いろいろな事情の中での現状が、これなんだろうな」と思うことなのです。



「ええ!?神様でもないのに、そんなことできない!!」
「何でそんなことをしなければならないの?」

と思うかもしれませんね。



これを、「どんな相手も受け入れるべき」と道徳の教科書のように読んでしまうと、確かに苦しくなるでしょう。



しかし、

ここで思い出していただきたいのが、本来の目的です!


それは、「自己肯定感を高める」ことでしたね。


「無条件のリスペクト」という考え方を知ることが、自己肯定感を高めるカギになる、ということだけここでは押さえておいてください。




あの人の現状には、いろいろな事情があるんだろうな。


そう思えるとき、私たちはどんな人に対しても、優しくなれますし、リスペクトすることができます。

相手のことを「かけがえのない存在」として尊重すること。

社会的な立場や業績などとは関係なく、それぞれが与えられた事情の中で一生懸命生きているのですから、全てが貴重な存在なのです。


もちろん、自分も含めて、ということについては次回のブログでもっとお話ししていきますね!




では、また💕
🍃心のサロンより🍃





教え子に総額500億円を稼がせた120万円相当のDVDを無料プレゼント!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

私の「Wirex(ワイレックス)カード」

Wirex デビットカードを使えば コンビニ ATM で現金を引き出せます。 セブンイレブンの ATM や Visa カードが使える ATM であれば どこでも使うことができます。 そして、 Visa カードが使えるお店であれば どこでもお買...